ByAR

#顔認識

2Dランゲーム×キャラクター

画面をタップすると、キャラクターが画面の左から右に進んでいき、ゴールまでのタイムを競うゲームです。

 

シンプルなゲームのためどのユーザーでもチャレンジしやすくなっています。

 

また顔を写す事に抵抗のあるユーザーのために、ユーザーの顔にお面を付ける事もできます。

2Dキャッチゲーム×キャラクター

顔を左右に向けると、キャラクターが連動して左右に動き、ポイントをゲットしてスコアを稼ぐゲームです。

 

取ってはいけないアイテムに当たるとゲームオーバーになります。

 

イベントなどでキャンペーン施策や賑やかしコンテンツとして活用いただけるコンテンツです。

背後出現×キャラクター

ユーザーの背後にキャラクターが出現するコンテンツです。ユーザーの動きに合わせてキャラクターもついてきます。

 

本コンテンツはユーザーが手をカメラに向けるとキャラクターがユーザーの前に移動し、戦うポーズをとります。再度手を向けると背後に戻るように設計されています。

このようにアクションに応じて様々な動きを設定する事も可能です。

スタンド

商品×顔ハメパネル

商品やキャラクターにユーザーの目口が表示されるコンテンツです。

複数名まで顔を認識するよう設定も可能なため、友人などと一緒に楽しめるようになっています。

商品やキャラクターなどの一部をユーザーに変更するため、PRしたい大部分はそのままで、ユーザー独自の投稿としてUGCの拡散が狙えます。

orange

映画PR×AIポスター

映画などのポスターに映っている人物の顔が、ユーザーの顔に合成されるコンテンツです。

 

ユーザー自身が映画などの主人公やヒロインになる事ができ、楽しんで体験してもらう事が可能です。

ポスターの素材をそのまま使用するため、情報をしっかり拡散する事ができる事も魅力の一つです。

Fusion 思い出のカレンダー

新商品PR×チャレンジ

ユーザーの頭の上で様々な表情をした新商品のメインキャラクターがランダムで表示され、最後の表示されたキャラクターの表情をユーザーが真似をするチャレンジコンテンツです。

 

「○○チャレンジ」といったお題を設定する事により、よりユーザーに体験意欲を掻き立て、拡散を促す事ができるため、自然な形で商品PRを行う事が可能です。

Pokémon ランダムAR

商品×エンゲージメント

商品のプロデューサーがユーザーの背後の出現し、声をかけながらリップを塗ってくれる仮装体験が可能なコンテンツです。

キャラクターやロゴといったブランドの世界観が伝わるものを使用したARコンテンツを制作することで、認知拡大やファンエンゲージメントの向上、UGCの拡大を見込むことが可能です。
今回は新野さんがインフルエンサーという事もあり、ファンとの親密度向上の期待もできます。

ストーリー×なりきり体験

シーズンに合わせたキャラクターになりきる事ができるコンテンツです。

まるで映像のようにシーンを展開させることも可能なため、ストーリー性のあるコンテンツを制作する事も可能です。

小物×ショールーム

様々な商品をショールームに展示をしてバーチャルストアのような感覚で商品の紹介ができるコンテンツです。

遠方のお客様のフォローや、コロナ禍の新商品発表会にもご活用いただけます。

メイク×仮想体験

アイシャドウ、リップ、リークといったメイクを仮想で体験できるコンテンツです。
コロナの影響によりタッチアップが困難な場合でも、カラーなどを体験いただくことが可能となります。

またオンラインストアにもご活用いただけます。

ゲーム×キャンペーン

顔の向きに反応してキャラクターが移動し、得点をゲットするゲームです。キャンペーンやイベントのコンテンツの1つとしてもご活用いただけます。
様々な種類のゲームの制作が可能です。

着物(衣類)×試着

スマホカメラで試着体験が可能なため、実店舗のないブランド様に商品販促の一策として最適なコンテンツです。また遠方のお客様へのフォローも可能となります。
着物だけでなく、洋服や靴、帽子、眼鏡やネックレスといった試着も可能です。